毛深いのが子どもの頃からのコンプレックスです

十代の頃から、ずっと悩んでいます。毛深いことが原因で、クラスの男子にからかわれていたこともありました。

脇や、腕、足と全身どこを見てもとにかく毛深いです。冬場はまだいいのですが、夏は特に最悪でした。

脇はカミソリで剃ったり、毛抜きで抜いたりしてもどうしてもぽつぽつと黒い点が目立ち、未だにノースリーブは絶対に着れません。

学生時代は、プールで水着になるのも嫌でした。周りに見られないよう、気付かれないよう、極力腕を上げないようにしていたのを今でもはっきりと覚えています。

水着は今でも来たくないですし、ノースリーブの服を着ることがあっても、必ず上に袖のある服をもう一枚重ねて隠しています。

足も出せないので、年中ストッキングがかかせません。冬はタイツを履くか、丈の長いボトムスで足を隠し、夏も丈の長い服を選ぶことがとても多いです。

腕や足も同様で、定期的にカミソリで剃り、自分で処理はしていますが、人前で晒すことには今でも抵抗があります。

剃ってもチクチクしたり、すぐにまた生えてきたりときりがありません。思いきって永久脱毛出来たらいいのですが、金銭的にも厳しいです。

でも、調べてみたら今は脱毛サロンも学割があるみたいなので、学生さんでも気軽に通うことが出来るみたいですね。

羨ましい。。。<学割脱毛

徐毛クリームなどは肌にかかる負担が大きそうなのと、どれを使えばいいのかも分からないので、結局、今は一番手軽かカミソリでの処理に落ち着いています。

他にも気を付けなければいけないのは、指と口回りの産毛です。

せっかく綺麗にネイルを塗ったり、お洒落でお気に入りのリングをはめて出掛けても、うっかり指毛の処理を忘れてがっかり、恥ずかしい思いをしたことも多々あります。

口回りの産毛も同じく、化粧をした後や出先で気が付いたりすることもあります。指や腕などと違って、顔はどうしても隠しようがないので、本当に気分は最悪です。

お腹などもうっすらと柔らかい産毛が生えているので、お付き合いしていた彼の前で脱ぐことを極度に躊躇っていた時期もありました。

とにかく、今でも変わらずに自分の体を露出することに抵抗があり、劣等感がずっとつきまとっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です